Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の故郷(山形にて)

釜山の上映を終え、今また再び山形に戻ってきました。
山形国際ドキュメンタリー映画祭に出品した中国と日本の監督たちが、映画祭創設の提唱者・小川紳介監督ゆかりの地、古屋敷村で開催されている「日中映画道場」に参加しています。
日中映画道場



釜山国際映画祭では、山形同様、上映後のQ&Aが長く続きました。撮影過程を聞かれることが日本ではよくありますが、やはり韓国の若い世代の方たちも、制作段階において、主人公たちと人間関係をどう築いていくのか、関心があるようでした。「母の物語」だと知り、お母さんを連れて映画館に足を運んでくれたお客さんもいました。そんな親子が肩を並べて会場を後にする姿を見ながら、温かさに包まれました。

映画祭で出会った各国から釜山を訪れた監督たち。毎晩、パーティーをハシゴし、おいしいお酒と料理を食べながら、深夜まで映画を語り合いました。映画を作り続けていれば、必ずどこかでまた会える。再会を祈りながら、帰路に着きました。

そして、また山形へ…。ここは私にとっての映画の故郷であると同時に世界一高いエベレスト山。ヤマガタでのインターナショナル・コンペティション部門出品――、今は眺めているだけのその山に昇れる日は、いったいいつの日になるか分からないけれど、目標とするその山は、どっしりといつまでも、じっと動かず待っていてくれるはず。道を踏み外さずに一歩一歩、前を向いて歩き続けるだけ。今日から又ゼロからのスタートです。
直井
スポンサーサイト

HomeNext ≫

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。