Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ人の心とカラー。

一週間ほど、新作の追加撮影のために、再び地方へ行っていました。新作撮影はこれで終了。バンコクでの編集作業(粗編)を終え次第、日本へ帰国します。

しかし、気になるのが、今後のタイの政治情勢。地方にいる時は、夜、ホテルでチャンネルをあちこちぐるぐる変えながら、メディアウォッチングをしている。メディアがそれぞれどういった形でこの状況を伝えているのか、比較していきたいとも思っている。

今朝、無事バンコクに戻れたが、先週から地方での衝突もおきはじめており、北部、東北部などへの移動も一部、不自由になりはじめてきた。

前回、タイトルで「ノーカラーシャツ」と表現したが、色に関してもその後、複雑な状況になっている。「ノーカラーシャツ派」は、今は「多色シャツ派」と呼ばれるようになった。そして、「赤シャツ派」は数日前から、シンボルの赤シャツを脱ぎ捨て、「無色・ノーコネクション集団」と自らの名称を変えた。

4月28日、バンコク北部の幹線道路での反政府派(UDD)と治安部隊の衝突により、兵士が一名、命を落とした。「兵士が軍による誤射で死亡した」とUDDは主張しているが、状況はまだはっきりしていない。赤シャツ派が、赤シャツを脱ぎ捨てた事により、これからどんな状況変化が起きるだろうか。

今、大雑把にいうと、4種類の団体がデモを続けている。
1、タクシン派(赤シャツ→無色派)UDD=反独裁民主統一戦線
2、反タクシン派(元・黄色シャツ派)PAD=民主市民連合
3、政府支持派(多色カラー派)プミポン国王へ絶対的な敬愛を持ち、アピシット首相をサポートするグループ。
4、反UDD派(多色カラー派・シーロムグループ)シーロム近辺でデモを続ける人たち。地元の人たちが多い。

2~4は反タクシン派であることは、共通しているのだが、それぞれ異なった場所、方針でデモを続けている。3の部類に属する友人たちの多くは、自分たちをPADやシーロムグループとは区別して考えている。彼らは、PADの手法を過激すぎると批判し、UDDのデモに近づくシーロムグループとも立場を異する。

一番身近にいる人たちだからこそ、分からないことが多くある。今回のタイの騒乱、カメラを持って現象を追いかけるのではなく、「人間のこころ」を撮っていきたいと思う。

直井(バンコク)
スポンサーサイト

HomeNext ≫

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。