Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little Photographer

Little Photographerにはじめて出会ったのは、昨年10月下旬、早稲田大学近くのネパール料理屋さんでのことだった。カメラが彼女の体の一部のようだった。
フォト・ジャーナリスト安田菜津紀さん
IMG_0632_convert_20110129023312.jpg

そんな彼女と出会って以来、カンボジアの『「緑の壁」HIVと共に生きる』と映画上映のコラボがいつかできれば!と願ってました。
『グローバリゼーションとひとの移動映画祭in KYOTO』
2週間にわたって開催される映画祭プレ企画の写真展。
初日1月30日午後3時から安田さんのギャラリートーク(ファシリテーター竹村彩花さん)スタートです!

『OUR LIFE』制作中にタイでお世話になったフォト・ジャーナリストの宇田有三さん、そしてアジアプレスの同僚渋谷敦志の写真展も同時開催、企画が盛りだくさんです。年末年始休みなく、雪の日も雨の日も京都の街中歩きまわって準備を続けてこられた映画祭事務局の皆さんの企画実行力すごいです。素敵な機会を作ってくださりありがとうございました。

2月13日(日)の最終日には、「日本ビルマ救援センター」代表中尾恵子さんの司会で宇田さんと『PURE』のココラット監督とのトーク。2008年3月、「シャンティ国際ボランティア会」のメソト事務所で偶然お会いした中尾さん。メソト郊外のゴミ捨山、そして強制送還を恐れ窓もない暗い家の中に身を隠しながら暮らしているビルマ人のHIV陽性者たちに会いに行くという中尾さんに同行取材させて貰いました。移民・難民たちの生活の実情をしっかり聞き取り調査しながら、彼らにやさしく声をかけていた中尾さん。いろいろお話聞けるのが今から楽しみです。

映画祭事務局の皆さん、11日(金・祝)トークの司会をして頂く、京都ドキュメンタリー・フィルム・ライブラリーの又川秀喜さんとお会いするのも今からワクワク。1月はずっと活字とにらめっこでしたが、2月は心機一転、映像の世界にたっぷりと浸りたいと思います。
スポンサーサイト

HomeNext ≫

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。