Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンゴン&バンコクより

「恩赦法案」で政局がゆれているタイですが、ICAAP11(第11回アジア・太平洋地域エイズ国際会議)がはじまりました。インラック首相の参加は見送られましたが、4000人の参加者で盛り上がっています。
エイズというテーマに長期に渡り深く向き合い、一つのことにじっくり取り組んでいる研究者やNGO活動家たちの、ブレない姿勢に刺激を受けます。色々な出会いにワクワクしながら広い会場をあちこち歩きまわっています。
icaap_convert_20131120110345.jpg
(オープニングセレモニー@クイーン・シリキット・コンベンションセンター)

そして!バンコク入り前に、ヤンゴンで、ビルマ難民ドキュメンタリー映画『OUR LIFE2~故郷(仮)』の撮影に入りました。難民キャンプ取材入りした2000年以来ずっとお世話になっているSVA(シャンティ国際ボランティア会)の三宅さんと中原さんとヤンゴンでの感動の再会。SVA、いよいよビルマ国内での事業がはじまるとのことで楽しみです!
Yangon convert_20131120110501
(満月に照らされたシュエダゴォンパヤーを観ながら)

イメージを覆された今回の初ビルマ取材。閉ざされた感が今は全くないヤンゴンですが、街中には貧困地帯が多数。政局は未だに不安定。NLD(国民民主連盟)も憲法改正への集会活動を継続中。12月には、カレン州パアンで少数民族組織と政府間による全土停戦へむけた会議が行われます。ヤンゴンでも色々な出会いがありました。詳細はまた後ほど。

しかし、ヤンゴン、そしてタイのデモや集会に参加する度に、日本の動きとの違いをつくづく感じます。。。「特定秘密保護法案」をめぐる議論の前に、原点に立ち戻り考える時期かもしれません。

さて、いよいよ明日、ICAAPでの上映!その後は、北タイ→ビルマ・タイ国境、メラ難民キャンプと撮影で周ります。

追伸(11/22):ICAAPでの上映無事終えました。Q&A盛り上がりほっと一息です。コメントや上映後のディスカッションをまとめて博士論文にも書く予定です。北タイエイズシリーズ第3弾『いのちを紡ぐ』は、これまでの作品の中でも、一番淡々とした映画なのですが、涙を流しながらコメントをくださる観客の方も。主人公のアンナさんや関係者の方々と出会い、私自身色々なことを学ばせてもらいました。これから早速、パヤオへ挨拶に行ってきます。
ICAAP+荳頑丐_convert_20131122140405
(撮影:杉山正隆氏)
Bangkok Post:Film festival on social problems http://www.bangkokpost.com/lifestyle/film/379922/film-festival-on-social-problems (来年はメルボルン、再来年はバングラディッシュでエイズ国際会議が開催されるそうです)
スポンサーサイト

HomeNext ≫

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。