FC2ブログ

Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これから~中国正月を前に」

ビルマ難民キャンプ取材のため今週初めから
タイ・ビルマ国境の町メソトに滞在中です。
昨年12月、1年5ヶ月ぶりに国境が再開した影響なのか、
中国正月が近づいているからなのか、町は賑いを増してます。

カレン州で行われている和平交渉
上下院48議席で実施される4月の国会補選
難民キャンプは閉鎖の方向に向かうのか・・・
映画のラストシーンはもう決めたのですが、
結末のシナリオは今まだ空白状態。
「カレン州パアンで撮影中!」
なんてブログで堂々と書ける日が近々来ることを祈りながら
これからしばらく目を離せないビルマ政治情勢です。

しかし、紛争や原発ばかりに目を向けている間に・・・
ちょうど2年前のブログに韓国のことを書きましたが、世界的な経済不況が続く中でも、スポーツや映画芸能関係のみならず経済全般においても韓国の勢いを感じずにはいられない2012年のはじまりです。

10年前までは日本人、その後中国人旅行客が激増したバンコクのデパート内の高級ブランド品売り場。今年は・・・政治不安定や洪水の影響で外国人観光客が減る中で目立ちます、韓国人の姿。
タイのTVからもガンガン流れてくるSAMSUNGやLGなどのCM。
日本企業は一体この先・・・

16年前、アメリカで知り合った中国人留学生たちの勤勉さと優秀さに驚愕させられましたが、8年前の韓国で出会った一人の高校生のことも未だ記憶にはっきり残っています。
北東国境の束草という町を訪問中に偶然知り合いお世話になったある韓国人家族。高校2年生の長男との会話がはずみ別れ際にメアドの交換。翌年の中国正月に送られてきた何度目かのメールには、
「今年大学受験なので勉強に集中します。一年後に又連絡します」

厳しい受験競争に同情しつつ、彼のような若者がこれからの韓国をリードしていくのかと思うと、経済成長が鈍化傾向にあるといえども、中国のみならず韓国企業の勢いもしばらく止まらない気がします。

「FBやTwitterなどで時間を費やしている人としていない人の差は、10年後にでますよ」

アドバイザーの赤塚さんに昨年忠告され、素直に納得。
確かに、モノ作りに専念している友人や同僚たちはアカウントさえ持っていない。やはり100年後にも残るのはそんな彼らの職人魂が生みだす「時流に流されない普遍的なモノ」なんじゃないかな、と古典を読んだり観たりしながら感じる日々です。

過ぎ去ってしまった時間は取り戻せないけれども、
私も今年はこれからモノ作りに集中したいと思います!
と誓いつつ、昨年末の誓いですらすでに過去のもの(笑)。
新年の誓いは何時間もつでしょうか。

今年も京都を拠点に論文執筆と、
映画制作の方を進めていく予定です。
遅ばせながら、
新年もどうぞよろしくお願いいたします!

≪ KNU(カレン民族同盟)と政府の停戦合意ホーム「谷口巳三郎さんの告別式」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。