Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊すべきもの(YIDFFインタビュー)

2009年度山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)に出品した監督たちのインタビューがYIDFFのHPにUPされている。
YIDFF 2009 監督インタビュー記事


監督たちは、それぞれの視点や感性で作品を作っている。どのインタビュー記事もそれぞれ個性があって面白い。映画祭期間中の上映後のQ&Aや、お酒をのみながら交わした話とは、又違った彼らの映画への思いが文章から伝わってくる。

「監督という仕事は、人というものをもっと知り、人に対する偏見や差別、心の壁を取り払う仕事でもある」とアジアプレスの中国人メンバーの季丹は答えている。季丹(ジダン)監督インタビュー記事

周りを壊さないといい作品が作れないと考えている監督も少なくない。しかし、季丹のいうように、勇気を出して壊していくべきなのは、他人ではなく、自分の価値観や偏見そのものではないだろうか。

映画でもなんでも、告発的なものでは社会は変わってはいかない。
回り道のように見えるが、自分が変わっていくしか道はない。

・・・と自分に言い聞かせつつ、相変わらずの日曜日。二日酔い。。

直井

≪ 完璧を目指す!?(オリンピック編 Part2)ホーム一段一段 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。