FC2ブログ

Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『The Message from Gaza~ガザ、希望のメッセージ~』

緑に囲まれた京大の学食。
焼き魚にほうれん草の和え物&大好きな卵かけご飯をぐいっと~。

今日はこれから「日本中東学会年次大会公開イベント」へ。
ある特定の地域をじっくり長期間、調査・取材つづける大切さ。
それは、一度その地に踏み入れた者の責任でもあると思います。
そんな研究者の方々の姿勢から色々学んできたいと思います。

5月に入り、バタバタ度が高くなり、告知そびれていましたが、
今、京大近辺にいらっしゃる方飛び込んで~!
以下転送メールを添付します。
イベントの感想など、また改めてブログにアップします。


開催日時:2011年5月21日(土)、13:30~17:00(13時開場)
会場:吉田南キャンパス人間・環境学研究科棟地下講義室(http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/
主催:日本中東学会、共催:京都大学大学院人間・環境学研究科岡真理研究室
◆事前申込不要、参加無料◆

プログラム:
第I部:朗読劇「The Message from Gaza~ガザ、希望のメッセージ~」(上演時間90分)
脚本・演出:岡 真理、出演:国境なき朗読者たち
内容:ガザから外の世界に向けて発せられた手紙という形で書かれた3つのテクスト(ガッサーン・カナファーニー原作の短編「ガザからの手紙」(1956)、レイチェル・コリーのメール(2003)、サイード・アブデルワーヘド教授の「ガザ通信」(2009))等をコラージュしたもの。

第II部:シンポジウム「抵抗の文学~世界文学の中のパレスチナ~」
パネリスト:
鵜飼 哲(一橋大学、フランス文学)
太田昌国(編集者、民族問題)
岡 真理(京都大学、現代アラブ文学)
細見和之(大阪府立大学、詩人・ドイツ思想)
司会:山本 薫(東京外国語大学)

問い合わせ先:
日本中東学会第27回年次大会実行委員会事務局
E-mail:james2011@asafas.kyoto-u.ac.jp

≪ 「言葉・記憶・身体」ホーム「タイからのメッセージ」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。