FC2ブログ

Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手放せないもの。

再びバンコクに戻っています。
『バンコク物語(仮)』の撮影の合間に、本帰国準備中。
いよいよ私のバンコク生活もカウントダウン。
来タイ当初は3年計画でした。
まさかこんなに長い滞在になるとは、、、。
様々な出会いと素敵な縁をもらたしてくれるタイ。
本当に不思議な国です。

友人に手伝って貰いながらアパートの荷物整理。
どこに行くのにも便利で緑に囲まれた居心地のよいアパートでした。管理人さんやスタッフの方々たちのやさしさに甘え、ふと気づくと10年間も同じ部屋に。トランク一つで来たはずなのに、今は、、、。

30代前半、撮影や編集の合間に読んでいた本やDVDが段ボール10箱分。全部持ち帰りたいのですが、京都の狭い部屋には置く場所がないので、古典や頂いたもの、思い入れのある本以外は古本屋さんやタイで研究中の大学のゼミ仲間のもとへ。

本やDVDは又手に入れられるから手放せるけど、手紙や励ましのカードたちはやっぱり手放せず、すべて持ち帰ることに。
引き出しの奥から出てきた色あせた手紙たち。。。
自筆の手紙を読むとグワぐわーっと感謝の気持ちが込みあがってくるから、引越しもたまにはいいのかもしれません。

そして部屋に置いてあるもので一番の高級品はプレゼントして貰った圧力炊飯器(笑)。大切なものなので大切な人のもとへ預けますー。

『バンコク物語(仮)』の撮影があるので、又ちょこちょこバンコクには戻ると思いますが、今月末に一旦バンコクライフにピリオドをうちます。

今週末からは、再び難民キャンプ入り。
先週、無事主人公のダラツー君と再会できました。
Part1では、一方的な援助や教育制度、遠隔地ナショナリズムなどを遠まわ~しに批判した作品に仕上げましたが、今回は政治的なことには直接触れずに新たな手法で試みます。
17歳の少年ダラツー君の今の生きざま。
しっかりとカメラに、、、と思っています。

IMG_3553_convert_20110816002340.jpg
(バンコクのクロントイスラムにて。
主人公Sさんの新刊表紙用の写真を撮影中)

≪ 京都の送り火騒動とマスコミホーム~お盆(故郷)~ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。