FC2ブログ

Yesterday Today Tomorrow〜昨日 今日 そして明日へ・・・

直井里予とその仲間たちが日々出会ったもの・ことを綴るブログ

「終わらない夏模様」

「どうしてこんないい季節に暑いタイへ行くの~?」
と聞かれ、確かに・・・。
秋の気配が漂う季節を迎えた京の今を、
満喫しないのはもったいない!
のですが、タイも雨季明け間近。
田園風景の美しさを撮るにはベストシーズン。
大学での作業とテープの取り込みやら仮編が、
なんとか一段落したので、京都脱出です。
これから2ヶ月間程、北タイ(HIV)→ビルマ・タイ国境(難民)
→バンコク(日本人物語)での撮影に入ります。
旧作の再編集、続編、新作と3作品同時制作進行です。

しかし、盆地京都の暑さ、半端じゃなかった・・・。
しかも、節電対策で日中、大学の冷房がOFF状態。
「かき氷」を食べて身体を冷やしながらの夏でした。
でも、そんな暑さも台風が一気に持って去り、
秋が急にあらわれるから日本の四季はほんと不思議です。
中秋の名月、今年もやってきました。
今年も井上陽水の「少年時代」を歌いながら、夏とサヨナラ。

きっと、後で振り返れば、最高の京都での夏だった!
と、いう感じなのでしょうが、想い出に浸るにはまだ早い。
ダッシュで博論書かないと~。
確実に固くなってきている頭、
すっかりボヨボヨの腕、ツルはブレルは・・・
確実にやっかいな年になってきました。笑
8ヶ月ぶりの撮影、どうなることやら。
アンナさん、ダラツー君、M夫さん&M子さんとの再会、そして~~新たな出会い!?(勝手に妄想中)が、楽しみです!

どうせやるなら勉強も仕事も楽しまなきゃ!
と、やっぱり夏の〆は皆で、「Choo Choo TRAIN!」♪
この日BDを迎えた院生仲間KさんのEXILE顔負けの踊りで最高潮。
夏の最後の一ページ、そして始まりの一ページ。
「駈け出して飛び乗って」いざ、take off!

IMG_2028_convert_20121001000118.jpg

「京都篭り」

「半端じゃなく蒸し暑いよ~」とは聞いていたものの、
想像以上の酷暑です。
ガリガリ君は、半分食べない内にタラタラと・・・。
あまりにも暑いので、朝5時起き生活に切り替えました。
早朝の鴨川を散歩し作業開始、そして大学の図書館へ飛び込み・・・と考えていることは皆一緒で、鴨川も図書館もひとで溢れています。午前8時の開館直後にはすでに満席状態。

院生室は修士課程の院生たちがフィールドワークへ出たため、急に静かになりました。この時期、大学に残っているのは、博論仕上げ段階の年配組(4月のブログで紹介した◯組、笑)。

一番若い院生は今年度入学のTさん23歳!普段は◯組と過ごす時間が多いのですが、若いパワーも貰いながら、というかお世話になりながら(笑)の、大学生活です。皆~現地でのフィールド調査がんばっていて下さい!
IMG_1920_convert_20120812140252.jpg
(大学近辺にある行きつけの中華屋さん。定食の量は半端じゃない。このボリュームで全て700円前後!)

IMG_1940_convert_20120812140715.jpgIMG_1939_convert_20120812140551.jpg
(前期の納会の締めはカラオケBOX。3時間歌い放題ワンドリンク付きで学生1000円!学生割引、この年で申し訳ないな~と思いつつ、映画に美術館に交通手段にと~とても助かっています。マイクを持つのは、オーストラリア人K君。その奥は台湾人のL君。2人とも日本語の曲、私以上に知っていてびっくり仰天・・・。)

7月下旬~納会後にちょっと早めの夏休みを1週間程とり上京&帰省してきました。大学を一歩外に出ると~・・・この1年半、テレビも雑誌も観ていなかったせいか、京都での生活が異国の地でのような感じに。タイから戻ってきた時と同じように、コンビニや本屋内をウロウロと。そして、なによりも、久々の美味しい食に舌鼓!やっぱり食は生まれ育った東の味が合うようです。地元の幼馴染や同世代の親友たち、そして会社の先輩などに散々ご馳走になってしまいました。早く大学卒業して恩返ししなければ~~。

お盆。これから奈良と京都では「送り火」があります。
マスコミは、今夏はオリンピックで忙しそうですし~、西では東のように頻繁に地震も起こらず、被災地のこともあまり話題にあがりません。昨年の「送り火騒動」を思い出すのもやっとです。しかし、久々に東へ足を運ぶと、まだビニールシートがかかっている家や地震後崩れたままの家もあり、1年半前のことがリアルに蘇ってきます。
故郷を失った人たち、家がそこにそのままの状態であるのにも関わらず、故郷を離れざる追えない人たちにとってのお盆とは・・・。

さて、夏の後半戦。難民&北タイ(HIV)の編集作業+博論執筆と、この夏、課題が山積みで暑い京都から身動きできず、久々受験生気分です。次回のタイ行きまで、一気に作業を進めたい所です。

歓迎!...?

アウンサンスーチーが6月2日にキャンプ入りしたせいでしょうか・・・。
最近ブログもFBも更新していなかったので、
「今、難民キャンプですか~?」と
最近連絡を頂くことが多いのですがー
シトシトと雨が降り続く京都です。

スーチー史の難民キャンプ訪問、
メディアが報じたように難民の方たちに「歓迎!」
されたのは、事実だと思いますが、
私の周りのビルマ難民の方たちの声とはかなりの温度差が・・・。
今回の訪問の背後には政治的側面もかなりあったはず。
カレン民族同盟とビルマ政府との停戦合意後、
難民の本国帰還への動きもはじまっているようですが、
ビルマ国境の治安は今、一体誰の手によって
どう保たれているのか・・・。

と、色々書きたいことあるのですが
そのうちそのうち~、といいながら、
まったく時間がありません。
ヤバイです!論文!カオス状態にどっぷりと・・・笑
でもその分、映像編集の方はシンプルに進んでいます。
現地での撮影の方は、バンコクではTさん(進んでいますかー?)、キャンプでは主人公D君自身にお任せし、
5月連休明けから映像の編集作業の方に本格的に入りました。
一ヶ月の集中減量効果で、100→40時間に。
でも、ここからが落ちにくいのは、いつものこと。
絞り切るまで、しばらく時間がかかりそうです。
難民キャンプPart2、バンコク物語、北タイエイズPart3、
それぞれ新作はこれまでとはちょっと作風を変えてチャレンジです。

大学での日々、編集作業の様子、
色々伝えたいことありますが~
次回、ゆっくりガリガリ君を頬張りながら~?
京都での2度目の夏。楽しみです。

「姥捨正宗」

京都に戻りました。
一週間の慌ただしい東京での日程でしたが、
色々な方々と久々に会うことができました。

今週、大学の方では新歓ラッシュ。
鴨川沿いは連日学生たちで溢れています。
Hゼミも桜の木の下に集合。
長野出身のW君から地酒が届いた!
との知らせに駆けつけました。
しかし、酒の名前と由来を知りびっくり仰天。
Hゼミの「◯」たちと美味しく頂きました。
IMG_1717_convert_20120414171957.jpg
(ほんとはH先生をはじめもう4名「◯」方たちが・・・笑)

来週は東南アジア全体ゼミの新歓。
アフリカ、中東・南アジアゼミもそれぞれ新入生を迎え、
先輩や先生たちが手作り料理を振る舞っているようです。
昨夜開催された「アフリカ祭」
25種類以上ものアフリカ料理に舌鼓!
IMG_3880_convert_20120414172118.jpg

さて、食を共にした後は~
新学期のスタートです!

「Life」

昨年4月~、部屋にはTV・ネットはひかずに、
ラジオのみの生活にしたのはいいけれど、
ハマってしまった京都の地方局番組。
夏、その電波にのって何度も流れてきた軽快な歌声。
一体誰が歌っているのかなあ~
と探し求め半年、ついに出会えました
Ms.OOJA(ミスオオジャ)。
なんだかかなり有名な曲だったらしいですが・・・(笑)。
で、タイトルを知り、これも何かの縁!(と勝手に思い込み)
制作中の新作映画タイトルもほぼ確定。

ビルマ難民キャンプで暮らす主人公のダラツー君
アメリカに渡ったダラツー君のお兄ちゃん
新しい一歩を踏み出し生きていこうとする人たち皆へ
送りたくなる曲です~「Life」♪。
http://j-lyric.net/artist/a054ddd/l024808.html

しかし、昨年の夏のこともすっかり思い出の中。
あっという間の大学1年目の年でした。
ゼミの皆たちと日々議論を重ねる中で、
目先のことばかりにとらわれ
固まっていた「観念」が一つ一つ
解かれていくような感じでした。

研究も、ゼミも、飲みも、恋愛も、
いつでも、どこでも、とことん本気!
そんな、とびっきり個性豊かな彼らの研究から
生まれくる博士論文が今からとても楽しみです。

さて、新学期。
今年度から博士後期課程の4回生。
来年3月までに論文のドラフトを書き終えなきゃ、
なのですが、圧倒的に時間が足りない感じです・・・。
撮影中のドキュメンタリー映画も2本+α。

こんな中、ガスコンロを貰い自炊生活をスタートした私。
生まれてはじめて料理にハマった~のはいいけれど、
案の定、台所も胃袋もハチャメチャ状態に(笑)。
先月から甘いものも食べすぎで身体も重くなったので、
ゼミ仲間と鴨川沿いでジョギングも開始。
4月から体制整え~New Life!
しばらく大学での研究と映画制作の方に集中します。
その前に~これから1週間程上京&帰省です。
あれから、一年、経ちました。

≪ BackHomeNext ≫

プロフィール

chestpass

Author:chestpass
直井里予(なおいりよ)
1970年生まれ。博士(地域研究)/映像作家。京都大学東南アジア研究所機関研究員(2015年4月〜)。龍谷大学非常勤講師(2016年4月〜)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程修了。1998年からアジアプレスに参加し、ドキュメンタリー映画『昨日 今日 そして明日へ 』(2005)や『OUR LIFE』(2010)などを制作。2011年から京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科に編入学し、『昨日 今日 そして明日へ2(第一部 アンナの道 ・完全版、第二部 いのちを紡ぐ) 』(2013)を製作。現在、ビルマ難民映画『OUR LIFE 2~夢の終わり(仮)』と『バンコク物語(仮)』を制作中。書籍に『アンナの道~HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)がある。
Contact: info@riporipo.com

→公式ホームページ

シェア

naoiriyoをフォローしましょう

リンク

TWITTER

直井のつぶやき

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード